日本年金機構は8日、米沢年金事務所(山形県米沢市)に勤務していた40代の男性元職員が預かった保険料など計約1100万円を着服していたと発表した。同日、米沢署に被害届を提出した。同機構で最も大きい着服額になるとしている。

 同機構によると、職員は2017年1月~今年3月の間に119回にわたって、山形県内の4事業所から現金で預かった厚生年金保険料などを着服していた。被害に遭った事業所の一つが今年5月に納付状況を確認し、発覚した。

 元職員は既に死亡しているが「詳しい状況は説明できない」としている。