千葉東署は8日、路上に粘着テープを張って通行を妨害したとして、往来妨害容疑で、千葉市若葉区、無職山本愛美容疑者(35)=器物損壊罪で起訴=を再逮捕した。周辺では5~6月、通行を妨げるように張られた針金などが相次いで見つかっており、署は、山本容疑者が関与した疑いもあるとみて裏付けを急いでいる。

 逮捕容疑は6月7日午前5時すぎ、自宅近くの歩道で電柱と街灯の間に長さ約2メートルの粘着テープを張った疑い。

 署によると、テープが張られたのは地面から約1メートルの高さ。周辺の防犯カメラに山本容疑者が写っており「間違いない」と容疑を認めている。