国土交通省は8日、運転手1人で大型トラック2台分を輸送する「ダブル連結トラック」の走行を許可する高速道路として、東北道や九州道など13路線を追加した。これまでは新東名高速が中心だったが、東北から九州までの長距離輸送も可能となった。

 連結トラックは一度の輸送量が2倍になるため、運転手不足への対策と流通コストの削減効果が期待できる。

 追加路線は、東北道が北上江釣子インターチェンジ(IC)―久喜白岡ジャンクション、九州道が門司IC―太宰府IC。他に東名高速や首都圏中央連絡自動車道(圏央道)、名神・新名神高速、中国道などを加えた。