窃盗罪などで実刑が確定後、収容を拒んで逃走中に炊飯器などを盗んだとして、神奈川県警は8日、窃盗の疑いで無職小林誠容疑者(43)=同県愛川町=を追送検した。県警によると、「(盗んだ物を)売って金にするためにやった」と容疑を認めている。

 追送検容疑は6月19日午後4時~5時半ごろ、相模原市内のホームセンター2店で、炊飯器と生け垣を刈り込むバリカンをそれぞれ盗んだ疑い。

 小林容疑者は同日午後1時すぎに自宅から逃走。盗んだ商品はその日のうちに質店で売った。他の商品も盗んだといい、「総額で2万円くらいになった」と供述。逃走資金に充てたとみられる。