8日の東京株式市場は、このところの急ピッチな下落の反動で値ごろ感のある銘柄を中心に買い戻しが入り、日経平均株価(225種)は5営業日ぶりに反発した。貿易問題や通貨政策を巡る米中対立への過度な不安がひとまず和らいだことも買い材料になった。終値は前日比76円79銭高の2万0593円35銭。

 東証株価指数(TOPIX)は1・27ポイント安の1498・66。出来高は約11億8700万株。

 朝方は、7日までの4営業日の下げ幅が計1000円を超えていたことから、好業績銘柄などに買いが先行し、日経平均株価は上昇して取引が始まった。