明徳義塾が継投で逃げ切った。先発の林田は六回途中を4失点。2番手で救援した山田と九回から3番手で登板した新地が得点を許さなかった。打線は四回に奥野の適時三塁打などで2点を先制。六回には4点を加えた。

 藤蔭は6点を追う六回に5長短打を集めて4点を返した。九回にも好機をつくったが、あと1本が出なかった。