石井啓一国土交通相は8日の閣議後記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックに合わせ羽田空港の国際線を増便するため、新たに設定する飛行ルートを来年3月29日から運用すると明らかにした。これまで羽田の飛行ルートは東京湾上空だったが、発着回数を増やすため、東京都心の上空を通過するルートを新たに決めた。

 国交省によると、新ルートの運用で、羽田の発着回数は年間3・9万回増える。石井氏は「訪日外国人客のさらなる受け入れや国際競争力強化のため、羽田の機能強化は不可欠」と指摘した。