俳優の奥野壮と一ノ瀬颯が、東京都内で開かれた「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」と「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」の大ヒット御礼イベントに登場し、ファンに感謝の思いを伝えた。

 両作品は2本立てで7月26日に公開し、6日には観客動員50万人を突破したという。

 仮面ライダージオウで主演の奥野は、映画を見た自身の母親から「うれしい」と連絡があったと明かし、「一番感謝すべき人に成長を見せられて幸せ」と語った。

 2人はそれぞれの役について問われ、奥野は「難しい役だったが、悩んだのは価値のある時間だった。これからの役者人生の土台となるものができた」と胸を張った。

 リュウソウジャーで主演した一ノ瀬は「演じていくうちに、ポジティブに、人前で明るく話せるようになった。一生忘れられない役になると思う」と熱く語った。