智弁和歌山が13安打で8得点を挙げた。1―1の六回に、東妻の適時三塁打などで3点を勝ち越した。七回にも佐藤の2点適時打などで3点を加えて、突き放した。先発の池田は8回1失点と好投。九回は小林が三者凡退に抑えた。

 米子東の先発の森下はコースに投げ分けていたが、六回に制球が甘くなった。打線は3併殺で1点にとどまった。