【ワシントン共同】米国務省のナッパー副次官補(日本・韓国担当)は7日、ワシントンで開かれたシンポジウムで、関係が険悪化している日韓に対し「関係改善には双方が責任を負っている」と話し歩み寄りを促した。

 同時に「日韓のいずれも関係悪化に伴う結果に苦しんでいる」と指摘し「ここ数カ月の相互信頼を損なう政治的決定について内省する必要がある」と強調した。

 中国や北朝鮮、ロシアが「日韓関係の摩擦につけ込む」動きもあると指摘し、日米韓3カ国の連携に「くさびを打ち込むことを許してはならない」と訴えた。