【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中対立の長期化に対する懸念が重しとなって小幅に反落し、前日比22・45ドル安の2万6007・07ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は29・56ポイント高の7862・83。

 ダウ平均は急落して始まった。米中による貿易や為替を巡る対立が長引き、世界経済に悪影響を及ぼすとの警戒感が拡大。ニュージーランド、インド、タイの各国中央銀行が7日に相次いで利下げを決め、先行き懸念が深まった。