【イスラマバード共同】パキスタン政府は7日、カシミール地方の領有権を争う隣国のインドが北部ジャム・カシミール州の自治権を剥奪したことへの対抗措置として、対インド貿易を停止すると発表した。パキスタン外務省関係者によると、駐インド大使の召還も決めた。

 ジャム・カシミール州はイスラム教徒が多く、パキスタンはイスラム教国。ジャム・カシミール州の自治権剥奪にパキスタンのカーン首相は「民族浄化の恐れがある」と非難していた。

 カーン氏は7日、国家安全保障委員会を開き、クレシ外相やバジュワ陸軍参謀長らが参加、対策を協議した。