国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で「表現の不自由展・その後」が中止に追い込まれた事件で、愛知県警は7日、危害を予告するファクスを送ったとして、威力業務妨害の疑いで、同県稲沢市の50代会社員の男を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 逮捕容疑は、「(元従軍慰安婦を象徴した)少女像を大至急撤去しろ。さもなくばガソリン携行缶を持っておじゃまする」などと書いたファクスを不自由展会場だった県美術館(名古屋市東区)に送った疑い。ファクスは2日午前9時ごろに届いているのが見つかった。