ジャパンディスプレイ(JDI)は7日、中国ファンドなどからの最大800億円の資金支援に関し、資本業務提携の正式な契約を結んだと発表した。契約が想定よりも遅れたため、臨時株主総会は8月29日から9月27日に変更する。当面の事業継続のための資金は得られる公算が大きくなったが、今後は本格的な事業再建につなげられるかどうかが課題となる。

 日中両政府など「関係当局の許認可などが得られる時期が確定できない」として、払い込みの期限を12月30日から、来年の8月28日に延ばす。JDIはファンド側との合意を発表していたが、払い込みの時期などを詰め切れずに契約が遅れていた。