米軍による長崎への原爆投下から9日で74年となるのを前に、被爆して倒壊した旧浦上天主堂のがれきから終戦後に米兵が見つけた木製の十字架が7日、所蔵先の米国の研究機関から長崎市の浦上教会(浦上天主堂)に返還された。頭部だけが焼け残った「被爆マリア」と共に、9日夜のミサで公開される。

 所蔵していた米オハイオ州のウィルミントン大平和資料センターのターニャ・マウス所長が浦上教会を訪れ、カトリック長崎大司教区の高見三明大司教らに「被爆十字架」を手渡した。

 マウス所長は「この十字架は、大量殺りく兵器の使用中止をあらゆる国に要請するよう私たちに促している」と述べた。