神奈川県平塚市の海岸で両脚が切断された平楓吹さん(26)の遺体が見つかった事件で、横浜地検は7日、殺人と死体遺棄などの罪で夫聖也容疑者(26)=川崎市宮前区=を起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、6月25日、自宅アパートの寝室で寝ていた楓吹さんの首を両手やビニールひもで絞めて窒息死させ、27日までに包丁とのこぎりで遺体の両脚を切断。スーツケースで運び海に遺棄したとしている。

 県警によると、聖也被告は数百万円の借金があり、楓吹さんのカードで返済していたほか、結婚式などのための貯金を無断で使っていた。