立命館宇治は高木が散発の3安打完封した。スライダーやチェンジアップを丁寧に低めに集めて、打たせて取った。七回無死満塁のピンチも得点を許さずに、しのぎきった。打線は七回1死二塁から失策で1点を挙げた。

 秋田中央は先発の松平が7四死球を出しながらも、粘り強い投球で要所を締めていたが、打線が援護できなかった。