国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、企画展「表現の不自由展・その後」が公開間もなく中止となった問題で、有識者らで構成する「表現の自由を市民の手に 全国ネットワーク(表現ネット)」は7日、東京都内で集会を開き「今回の事態は、日本が『表現の不自由な社会』であると改めて実証した」として、撤回と再開を求めるアピールを公表した。

 世話人代表で武蔵野美術大の志田陽子教授(憲法学)は「市民の自発的な表現が今、大変な危険にさらされている。萎縮する恐れがあり、看過できないという市民の声に共感する」と話した。

 集会には主催者発表で約130人が参加した。