国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、潮受け堤防の排水門を開けるよう命じた確定判決の無効化を求めて国が起こした請求異議訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は7日までに、上告審判決を9月13日に言い渡すと決めた。開門命令を無効化した二審福岡高裁の判断が見直されるかどうか注目される。

 排水門を巡っては「開門」と「開門せず」の相反する司法判断が並立する状態が続いているが、漁業者が国に開門などを求めた2件の訴訟で最高裁が6月に上告を退け、いずれも「開門せず」の判断が確定した。請求異議訴訟の判決次第で、長年続く法廷闘争が終結する可能性がある。