山梨県の長崎幸太郎知事は7日の定例記者会見で、名産のワインを活用して国内外から観光客を呼び込み、地元の経済振興につなげようと、「ワイン県」を宣言した。

 同県はワイナリーの数や、国内で収穫されたブドウを100%使用し国内で醸造した「日本ワイン」の生産量が全国一。

 「初代ワイン県知事」となった長崎氏は「各地でワインをテーマにした地方創生の動きが出ているが、山梨こそが日本一の産地と広く認識してもらいたい」と強調した。

 名産品を県名に使ったPRの例としては、香川県の「うどん県」、群馬県の「すき焼き応援県」がある。