エスパー米国防長官は7日、安倍晋三首相と官邸で会談した。これに先立ち、中東・ホルムズ海峡を巡る米主導の有志連合構想について「日本は参加を強く検討すべきだ」と同行記者団に語った。首相との会談で、米国との対立が深まる中国について「軍事的行動や、計算した上での略奪的な経済的行動が、われわれが守ろうとしている国際的なルールを脅かしている」と批判。日米で協力して北朝鮮の完全非核化を目指す考えも強調した。岩屋毅防衛相もエスパー氏と会談した。

 岩屋氏はエスパー氏との会談で、有志連合構想を巡り、米国やイランとの関係などを検討し、総合的に判断するとの考えを伝えた。