【ロンドン共同】英政府は6日、ジョンソン首相と安倍晋三首相が2日に電話会談し、日英間で貿易協定の締結を目指すことで一致したと発表した。英政府は欧州連合(EU)から離脱した後、各国と自由貿易協定(FTA)を結ぶ方針。早期に成果を上げるためにも、交渉を急ぐ考えだ。

 両首相は自由貿易を推進することを確認。現在は英国も参加する日本とEUとの経済連携協定(EPA)を基礎とした「野心的な」(英政府)貿易協定を目指すとした。メイ前政権は日英FTA締結に加え、環太平洋連携協定(TPP)への参加も目指していたため、ジョンソン氏が方針を踏襲するかどうかも注目される。