【モスクワ共同】ロシアのモルグロフ外務次官は6日、上月豊久駐ロシア大使を呼び、メドベージェフ首相の北方領土・択捉島訪問や、国後島での射撃訓練に対する日本政府の抗議はロシアへの内政干渉に当たり、受け入れられないと抗議した。ロシア外務省が発表した。

 日ロ平和条約交渉が停滞する中、ロシア側は政権ナンバー2のメドベージェフ氏の択捉島入りなど日本を刺激する行動に出ており、批判の応酬に発展した。

 上月氏は北方領土問題に関する安倍晋三首相の発言などを巡り、1月にもロシア外務省に呼ばれていた。