【ニューヨーク共同】南米ボリビアは6日、米ニューヨークの国連施設で、核兵器の保有や使用を全面禁止する核兵器禁止条約の批准書を寄託し批准手続きを完了した。批准は25番目で、条約発効に必要な50カ国・地域の半数に達した。国連軍縮室によると、批准の前段階に当たる署名を済ませたのは70カ国・地域。

 国連の担当者に批准書を渡したボリビアのヨレンティ国連大使は、寄託を6日にした理由について「1945年の今日、広島に原爆が落とされた。あの日に亡くなった全ての人を忘れず、敬意を示したい」と語った。

 条約は17年7月に採択され、同9月に署名・批准が始まった。