九州防衛局は6日、陸上自衛隊の輸送機オスプレイの佐賀空港(佐賀市)配備計画を巡り、回転翼機の飛行音が魚に与える影響調査の中間報告を、漁業者に説明した。ヘリコプターが通過する際、45例中44例で魚群が沈むなど行動に変化が出た。漁への影響については言及しなかった。

 佐賀県は音に敏感とされるコハダの産地で、県有明海漁協大浦支所(同県太良町)が漁をしている。魚群は一定時間沈んだ後、再び表層で確認された。

 調査は2017年にも実施したが、事例が限定的だとして漁業者が反発し、再調査を求めていた。