高岡商が延長戦で競り勝った。2点リードの九回に、先発の荒井がつかまって追い付かれたが、4―4の十回2死二、三塁から森田の三塁打で2点を勝ち越した。救援陣の粘りの投球も光った。

 序盤にリードを許した石見智翠館は着実に追い上げ、九回は関山愛の2点適時打で試合を振り出しに戻したが、一歩及ばなかった。