阪神高速道路は6日、大阪府泉大津市の泉大津パーキングエリア(PA)でカプセルホテルを17日に開業するのに先立ち、報道向けの内覧会を開いた。宿泊施設を備えた高速道路のPAやサービスエリアは既にあるが、カプセルホテルという形態は全国初という。

 12階建てのビルの11階にある展望スペースを改修した。男性用92室、女性用20室の計112室で、1泊3996円から。短時間の仮眠やシャワーのみの利用もできる。対象は高速道路の利用者に限り、長距離トラックの運転手や、近くにある関西空港に立ち寄る旅行者の利用を想定している。