【台北共同】来年1月の台湾総統選への出馬を検討している柯文哲・台北市長は6日、台北市で新党「台湾民衆党」を立ち上げた。総統選と同時実施される立法委員(国会議員)選で複数の議席獲得を目指す。政界再編も視野に入れているとみられる。党主席(党首)に柯氏が就任した。

 台湾では長年にわたって台湾独立志向の民主進歩党(民進党=現与党)と親中路線の国民党(現野党)による争いが続いており、有権者の間では飽きや既成政党に対する不信が高まっている。

 柯氏は立ち上げ式で演説し「新党設立によって有権者が新たな選択肢を得られることを望む」と述べた。総統選出馬には言及しなかった。