7月の参院選期間中、札幌市で行われた安倍晋三首相の街頭演説にやじを飛ばすなどした聴衆が北海道警の警察官によって現場から排除された問題で、山岸直人道警本部長は6日、道議会常任委員会で「現場でのトラブル防止の観点から措置を講じた」と述べ、適正な職務執行だったとの考えを改めて示した。

 問題の聴衆排除は7月15日に起きた。これまで道警は「トラブルや犯罪予防」と説明する一方、法的根拠などについて「事実関係を確認中」と詳しい説明を避けている。

 排除を巡っては、7月19日に東京都の男性が特別公務員職権乱用罪などに当たるとして、札幌地検に告発状を郵送した。