総務省消防庁は6日、熱中症で7月29日~8月4日の1週間に全国で1万8347人が救急搬送されたとの速報値を発表した。前週(7月22~28日)の5664人から3・2倍に増えた。搬送者のうち、24都道府県で57人が死亡した。

 消防庁の集計によると、熱中症の搬送者数は集計を始めた2008年以降、週間単位では過去2番目に多い。

 日本列島が高気圧に覆われ、猛烈な暑さが続いたためとみられる。消防庁は、こまめな水分補給や涼しい場所での休憩を呼び掛けている。