広島は6日、被爆から74年の「原爆の日」を迎えた。広島市中区の平和記念公園では午前8時から「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれた。松井一実市長は平和宣言で、日本が参加していない核兵器禁止条約への署名・批准を政府に促し、戦争で核兵器を使用された経験がある唯一の国として核廃絶実現へ一層の指導力を発揮するよう求めた。

 安倍晋三首相は式典後の広島市での記者会見で、禁止条約には核兵器国が参加しておらず「現実の安全保障の観点を踏まえていない」として署名・批准に否定的な考えを改めて示した。