【ワシントン共同】米南部テキサス州と中西部オハイオ州で相次いだ銃乱射事件を受けて、野党民主党は5日、共和党に対し、休会中の上院の審議を再開し、たなざらしとなっている銃規制法案を可決するよう求めた。民主党のペロシ下院議長と、上院の同党トップのシューマー院内総務が共同声明を発表した。

 来年の大統領選で政権奪還を狙う民主党は、銃犯罪に対する世論の懸念の高まりを背景に、銃規制強化に消極的なトランプ政権と共和党への圧力を強める構え。ただ、上院で過半数を握る共和党は、銃規制反対派を支持層としており、審議再開に応じるか不透明だ。