れいわ新選組の山本太郎代表は5日のBS―TBS番組で、次期衆院選での野党間の候補者調整に柔軟に応じる考えを示した。消費税率5%への引き下げを共闘条件に挙げながら「組まないという話になったら互いに大変なことになる。きちんと調整しなければならない」と語った。

 同時に自らが立候補する小選挙区に関し「10くらい候補がある。(対立候補が)自民党だけでなく、公明党のところもある。妄想を楽しんでいる」と述べ、菅義偉官房長官ら有力政治家の選挙区を検討しているとした。