5日午前11時50分ごろ、栃木県那須町の遊園地「那須ハイランドパーク」で、相模原市緑区、自営業横尾一範さん(51)が、遊具の高さ約5メートルの場所から転落した。頭を強く打つなどして病院に搬送されたが、約6時間後に死亡した。

 那須塩原署や運営会社によると、事故があったのはボルダリング施設「ノボランマ」の、はしごを登り、ぶらさがっているサンドバッグに飛び移る遊具。命綱とヘルメットを装着して遊ぶといい、署が事故原因を調べている。