強い台風8号は暴風域を伴って日本の南海上から西日本に接近し、6日には九州に上陸、縦断する恐れがある。九州は台風の接近で急速に天候が悪化し、猛烈な風や雨になる。四国も大しけになる。気象庁は暴風、土砂災害、浸水、河川の増水・氾濫、高波に厳重な警戒を呼び掛けている。潮位が高い時期のため、高潮にも注意が必要だ。

 また、6日にかけて九州の空港を発着する空の便を中心に欠航が相次ぐ見通し。

 気象庁によると、台風8号は5日午後9時現在、高知・足摺岬の南約170キロを時速約25キロで西北西に進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカルで、最大風速は35m、最大瞬間風速は50m。