財務省と金融庁、日銀は5日、外国為替市場の円高進行を受けて情報交換会合を開いた。終了後に記者団の取材に応じた財務省の武内良樹財務官は「過度な為替変動は望ましくない」と指摘。為替介入について問われ、「経済や金融に影響を与えるときはきちんとした対応を取る必要がある」と市場をけん制した。

 円高の要因として米中貿易摩擦の激化などを挙げ「やや神経質な動きがマーケットでみられた」と述べた。会合は財務省で開かれ、武内氏のほか、金融庁の遠藤俊英長官、日銀の前田栄治理事らが出席した。