【香港共同】香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡り、香港各地で5日午後、若者らが幹線道路を占拠し、警官隊と衝突した。警官隊は催涙弾を使用して強制排除を進め、若者らは警察署前でごみに放火するなどさらに過激化した。警察は同日、少なくとも82人を逮捕した。

 香港の労働団体によると、5日に呼び掛けられたゼネストには推定35万人が参加。午後には改正案撤回を求める集会も7カ所で開かれた。改正案反対運動では小規模のストライキはあったが、多業種にわたるゼネストは初めて。

 香港国際空港を発着する約250便の欠航が決定した。