パナソニックエコシステムズ(愛知県春日井市)は5日、自然に近い風を建物の中で流すなど独自の空調技術を取り入れたショールームを同市に開設し、報道関係者に公開した。集中力を高めたり、気持ちを落ち着かせたりする香りの発生装置も設置し、商業施設や病院、オフィスなどでの快適な空間づくりを提案する。

 名称は「Reboot Space(リブートスペース)」。これまで自社製品を展示していた約60平方メートルの空間を改装した。リブートには「再起動」という意味があり「心身ともに新たな気持ちになれる場所に」という思いを込めたという。