東京急行電鉄は5日、全国有数の繁華街である東京の新宿・歌舞伎町で映画館や劇場、ホテルを含む高層ビルを建設する計画を発表した。今月から本格着工し、2022年8月に完成する予定。東急は増加している訪日外国人客の取り込みを強化したい考え。最近、歌舞伎町は再開発が進んでおり、新たなビルの登場で観光地化が一層進みそうだ。

 ビルは映画館「新宿ミラノ座」の跡地に建設する。高さ約225メートル、地上48階、地下5階となる計画で、ホテルの客室は700室程度を予定する。約1500人を収容できるライブホールも地下に設ける。空港とビルを結ぶバスの乗降場も整備する。