国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止となった問題で、この企画展とは別の展示に参加している韓国人作家2人が、出展を取り下げる意向を芸術祭の実行委員会に伝えたことが5日、県への取材で分かった。

 県によると、2人はいずれもソウルを拠点に活動するイム・ミヌク氏とパク・チャンキョン氏。取り下げの詳しい理由について、県は「確認中」としている。今後、2人を担当するキュレーターらと対応を協議するという。

 「表現の不自由展・その後」は元従軍慰安婦を象徴した「平和の少女像」などを展示。実行委は3日、開催中止を決めた。