世界ボクシング機構(WBO)フライ級王者の田中恒成(畑中)が5日、2020年東京五輪出場を狙う兄の亮明(岐阜・中京学院大中京高教)とのスパーリングを名古屋市内で公開し「良い練習ができた」と充実した様子だった。

 田中は24日、同級1位ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)と2度目の防衛戦(名古屋市武田テバオーシャンアリーナ)を闘う。サウスポーのゴンサレス対策として、条件が合う亮明と2ラウンドのスパーリング。持ち味のスピードや力強い右ストレートなどを披露した。

 拳を合わせた亮明は「ちょっと打たれたくないとかばってしまった」と弟の強さを実感した様子だった。