台風8号は5日、日本の南海上を西寄りに進んだ。5日夜から6日にかけて暴風域を伴って九州付近に接近し、上陸する恐れがある。九州では非常に強い風が吹き、海上は大しけとなる。気象庁は暴風や土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、高波に警戒するよう求めた。

 気象庁によると、台風8号は5日正午現在、高知・室戸岬の南南東約310キロの海上を時速約30キロで西北西に進んだ。中心の気圧は980ヘクトパスカルで、最大風速は30m、最大瞬間風速は45m。中心から60キロ以内は風速25m以上の暴風になっている。

 九州では台風の接近に伴って急に風が強まる。