4日午後5時50分ごろ、千葉県君津市のJR内房線君津駅南口のロータリーで開かれていた「君津市民ふれあい祭り」会場で、同県木更津市の女児(3)が、暑さ対策のため路上に水をまいていた散水車にはねられ、内臓損傷や右脚を骨折する重傷を負った。

 君津署によると、祭り会場では当時、ロータリーを歩行者天国にしてステージイベントなどが開かれ、大勢の人がいた。散水車は水をまきながらゆっくり進み、周囲では誘導員5人ぐらいが安全確保に当たっていた。同署は、安全管理に問題がなかったかどうかなど詳しい原因を調べている。