【プノンペン共同】カンボジアで1970年代後半、虐殺などで200万人近くの国民を死に追いやったとされるポル・ポト政権のナンバー2だったヌオン・チア元人民代表議会議長が4日、プノンペン市内の病院で死去した。93歳だった。家族らが明らかにした。元ポト派幹部を裁く特別法廷の被告として裁判が続いていた。

 ポト派の理論的指導者とされ、派内では98年に死去した故ポル・ポト元首相に次ぐ地位にあった。

 国連とカンボジアが設置した特別法廷に2007年9月に逮捕され、人道に対する罪や大量虐殺罪などで起訴された。14年8月、一審で終身刑、16年11月の二審判決で刑が確定。