日本ラグビー協会は4日、パシフィック・ネーションズカップ(PNC)の最終戦となる米国戦(10日・スバ)に臨む日本代表のフィジー遠征メンバー26人を発表し、右脚を痛めて初戦と第2戦のメンバーから外れていたSH田中(キヤノン)らが選ばれた。

 フランカーのリーチ主将(東芝)やバックスの松島(サントリー)のほか、フランカーのラブスカフニ(クボタ)、FB山中(神戸製鋼)も名を連ねた。ナンバー8のマフィ(NTTコミュニケーションズ)、38歳のロックのトンプソン(近鉄)は外れた。

 日本は3日に第2戦でトンガに41―7で快勝して2連勝とした。