【上海共同】バスケットボールの男子ワールドカップ(W杯)は31日、中国各地で開幕して1次リーグA―D組の第1戦が行われ、D組では世界ランキング4位のセルビアが39位のアンゴラに105―59で快勝した。

 C組では優勝候補のスペインがチュニジアに101―62で大勝し、プエルトリコはイランに逆転勝ち。A組では中国がコートジボワールを、ポーランドがベネズエラを退け、B組ではロシアがナイジェリアを、アルゼンチンが韓国をそれぞれ下して白星発進した。