大地震や豪雨で被災した北海道や福島、岡山など8道県産のコメをブレンドした焼酎が完成して31日、熊本県人吉市の深野酒造で式典が開かれた。各地の信用金庫などが連携し、被災地の復興支援と地方創生のために焼酎づくりを企画した。

 焼酎は、絆に花が咲いて実を結ぶようにとの願いを込めて「絆咲」と命名。北海道と福島、岡山両県のほかに岩手、宮城、広島、愛媛、熊本各県で生産したコメを使い、約5千本を製造した。

 この日の式典には、福島信用金庫(福島市)などの信金の幹部らが出席。焼酎の瓶にラベルを貼り、青井阿蘇神社(人吉市)に奉納した。