RIZAP・KBCオーガスタ(福岡県芥屋GC=7103ヤード、パー72)第2ラウンドの残りから再開され、ツアー未勝利の24歳、比嘉一貴が第3ラウンドで1イーグル、5バーディー、1ダブルボギーの67で回り、通算20アンダーの196で首位を守った。

 3打差の2位に今平周吾、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)、さらに1打差の4位に時松隆光と岩田寛が続いた。ツアー3試合連続優勝を目指す石川遼は、通算13アンダーの10位に後退した。(出場68選手=アマ4、晴れ、気温28・9度、西南西の風1・9メートル、観衆6564人)