第1次世界大戦時に徳島県鳴門市に設置された「板東俘虜収容所」と関連施設で亡くなったドイツ兵の慰霊碑建設から100年となった31日、収容所跡地のドイツ村公園で献花式が行われた。

 献花式には飯泉嘉門県知事ら約120人が参加。大阪・神戸ドイツ総領事館のウーベ・メアケッター首席領事が「(慰霊碑を)長年にわたりケアし、清掃してくれたことに感謝する」とあいさつした。

 慰霊碑は同収容所などで亡くなったドイツ兵捕虜11人を弔うために建てられたとされる。

 また鳴門市ドイツ館では音楽祭を開催。ベートーベンの「交響曲第9番」などが演奏され、約170人が聞き入った。