【北京共同】北朝鮮の崔善姫第1外務次官は31日、ポンペオ米国務長官が北朝鮮を冒涜する発言をしたと強く非難する談話を発表し、非核化を巡る米朝実務協議の開催はいっそう困難になったと述べた。朝鮮中央通信が伝えた。

 北朝鮮外務省で対米交渉を率い、金正恩朝鮮労働党委員長に近い崔氏が談話を発表したのは、米側の譲歩を引き出すための揺さぶりの可能性がある。ただ、「予定されている実務協議」との表現で交渉の余地も残しており、駆け引きが激しくなりそうだ。

 崔氏は「米国との対話に関するわれわれの期待は次第に消えつつある」とした。